氏名

吉田 智子

(YOSHIDA Tomoko)
所属 教育センター 
人間文化研究科 人間文化専攻 
職名 教授 
主要学歴
1984年3月ノートルダム女子大学 文学部 英語英文学科卒業 
1998年3月立命館大学 大学院 社会学研究科 修士課程修了 
取得学位 修士(社会学) 
研究分野の概要 ネットを支えるプログラミング(特にオープンソース・ソフトウェア)に興味を持ち、教養として「プログラミング」を楽しく学ぶための学習環境、教材システムの開発を研究分野としています。 
キーワード ネットワークリテラシー教育、オープンソース、プログラミング教育 
主要職歴
1984年4月〜1991年10月オムロン株式会社 技術本部 中央研究所にて勤務 
1992年4月〜2000年3月情報技術関連の著述業・大学での非常勤講師などの講師業 
2000年4月〜2002年3月京都ノートルダム女子大学 専任講師 
2002年4月〜2010年3月京都ノートルダム女子大学 助教授 
2007年4月〜2018年3月京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科(兼任) 
2010年4月〜京都ノートルダム女子大学 教授 
2012年4月〜2013年3月京都ノートルダム女子大学 人間文化学科 学科長 
2013年4月〜2014年3月京都ノートルダム女子大学 人間文化学部 学部長 
学内活動 学生部長、FD委員長、情報処理士資格課程責任者、ウェブデザイン実務士資格課程責任者
 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:「情報処理」、「情報科学入門」、「インターネット社会論」、「ウェブデザインI」、「ノートルダム学」、「情報科学」、 「情報演習I」の統括、「情報演習II」の統括
 

以下の表は左右にスクロールできます

2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
1)  「情報科学概論」の授業内容について、雑誌で発表  2005年2月  情報処理士科目として、2004年度に開講した「情報科学概論」の授業内容について、「UNIX USER」という月刊誌に「コンピュータと心」というタイトルで、報告した。 
2)  学校法人ノートルダム女学院発行の「教育のプリズム」に、“本学における情報教育の現状と将来展望”を執筆  2006年5月  学校法人ノートルダム女学院発行の「教育のプリズム」に、“本学における情報教育の現状と将来展望 〜コンピューターセンター誕生からの流れをふまえた上で今後を提案する”と題する文章を書き、本学における情報教育の概要と今後の方向性を示した。 
3)  本学のLinux関連授業に関して、本学の授業環境の公開も含めて発表  2006年6月24日  京都ノートルダム女子大学のユニソン会館を会場に、Linuxコンソーシアム主催のセミナーを開催した。その際に、本学のLinux関連授業に関して、講演時およびパネルディスカッションでのパネラーとしての発表時に詳しく報告した。それと同時に、本学のコンピュータ教育環境の見学会も実施し、WindowsとLinuxを切り替えて使えるようになっている、優れた教育環境について参加者(約100名)にアピールした。 
4)  本学のLinux関連授業に関して発表  2008年3月1日  日本Linux協会(JLA)主催の「JLA3月セミナー」にて、“オープンソースの適材適所”と題する講演をした際に、本学でのLinux関連の授業実践について発表した。 
5)  本学において、オープンソースを教育にいかに活用しているかを発表  2010年6月28日  京都ノートルダム女子大学ガイスラーホールにて開催した、OSS Researchers Workshop において、本学のコンピュータ教育環境の見学会も実施し、WindowsとLinuxを切り替えて使えるようになっていたり、オープンソースのソフトウェアを活用したりできる教育環境について紹介した。 
6)  本学のパズルや手芸を使って学ぶプログラミング教育に関して発表  2016年6月11日  人間文化学科の公開講座「わかる・たのしい・おもしろい! 心を育てる教育とは? —パズルや手芸を使って学ぶプログラミングと数学—」のコーディネータとして、「パズルや手芸を使った本学の情報教育」と題して紹介した。  
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
研究活動については、researchmapを参照してください。
URL: https://researchmap.jp/Tomoko_Yoshida
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1996年〜2011年  情報通信学会 
1997年〜現在に至る  情報処理学会 
2014年~現在に至る  CIEC(シーク):コンピュータ利用教育学会  
(2)公的機関の役職等
1999年4月〜2001年4月  日本Linux協会 副会長 
2010年4月〜2011年3月  2010年度島根大学法文学部山陰研究プロジェクト「オープンソース・ソフトウェアの安定化とビジネスモデルの構築に関する研究」客員研究員 
2011年4月〜2012年3月  2011年度 島根大学法文学部 山陰研究プロジェクト「産官学連携による開発コミュニティを中心としたオープンソース・ソフトウェアの先端的研究体制の構築」客員研究員 
2011年7月〜2016年7月  京都における「オープンソースカンファレンス実行委員会」の実行委員長 
2016年8月〜現在に至る  京都における「オープンソースカンファレンス実行委員会」の実行委員 
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
2006年6月24日  Linuxコンソーシアム主催の「産学共演、学生のためのLinuxセミナーin京都」での講演およびパネルディスカッションのパネラーを担当。京都ノートルダム女子大学のユニソン会館で実施。会場準備および当日の運営を担当。 
2007年7月21日  京都にて開催の「オープンソースカンファレンス in 関西」にて、“オープンソースと社会”と題する講演。会場は、京都コンピュータ学院。 
2007年9月14日  「ひょうごNPO情報通信技術支援ネットワーク」主催のセミナーにて、“オープンソース導入の前に知っておくとよいこと”と題する講演。 会場は、六甲道勤労市民センター。  
2008年3月1日  日本Linux協会(JLA)主催の「JLA3月セミナー」にて、“オープンソースの適材適所”と題する講演。日本電子専門学校(新宿区)で実施。 
2008年6月6日  島根大学の「オープンソースと地域振興」という授業のリレー講義の講師として、90分の授業を実施。 
2008年6月6日  しまねオープンソースラボ第29回講演会にて、「教育分野でのオープンソース活用の意義」と題する講義を実施。 
2008年7月7日  香川大学を会場に、情報処理学会 四国支部の講演会「オープンソースの教育利用の意義」と題するの講演会を実施。 
2008年7月18日  京都にて開催の「オープンソース・カンファレンス」にて、「オープンソースに魅せられた2人の対決?! 瀧田佐登子、よしだともこ、オープンソースを語る」と題する講演。会場は、京都コンピュータ学院の500名定員の大ホールで。 
2008年9月12日  島根県松江市で開催された、オープンソースカンファレンス2008(OSC2008島根)にて、「オープンソースと教育を考える」と題したセッションに登壇。教育へのオープンソース・ソフトウエア活用の取り組みについて、ディスカッションを行った。 
2008年9月14日  第6回市民メディア全国交流集会・京都メディフェス(会場:元立誠小学校)にて、「ネット・メディアとオープンソースは刺激しあって今後も発展するのか?」と題する講演。 
2009年5月16日  島根県松江市で開催された、オープンソースカンファレンス2009(OSC2009島根)にて、再び「オープンソースと教育を考える」と題したセッションに登壇。パネラーからの発言をまとめる司会役を担当。 
2009年7月6日  平成21年度私立中学高等学校情報科研究会 で、「インターネットの文化と情報科教育への活用〜中高生にも伝えていただきたいオープンソース文化〜」と題する講演を実施(同志社高等学校メディアセンターにて)。 
2011年7月16日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「OSCを動かしている学生スタッフとオープンソース関連のコミュニティ活動の魅力」に関する45分間のトークショーの司会を担当した。会場は、京都リサーチパークのホールにて。 
2012年8月3日、4日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「オープンソース入門塾」と題する展示を主催した。会場は、京都リサーチパークの1号館4Fにて。 
2013年8月2日、3日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「コンピュータの原理に触れる」と題する展示を主催した。会場は、京都リサーチパークにて。 
2014年8月1日、2日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「コンピュータの原理に触れる」と題する展示を主催した。マイコン(LilyPad Arduino)を組み込んだ「エプロンコンピュータ」を学生と共に展示、発表した。会場は、京都リサーチパークにて。 
2015年3月14日  IWD 2015 - Women Techmakers by GDG Kyotoにて、「LilyPad 研究会の活動を紹介します! 〜分野を超えてのものづくり(手芸+プログラミング)〜 」(英語タイトル:LilyPad Study Group Activities! Interdisciplinary Making: Handicrafts and Programming)と題する招待講演を実施。 
2015年8月7日、8日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「コンピュータの原理に触れる」と題して、マイコン(LilyPad Arduino)を組み込んだ各種の作品を、「LilyPad研究会(京都ノートルダム女子大学)」のブースと、「OSC京都ローカルスタッフ有志」のブースで、学生と共に展示した。会場は、京都リサーチパークにて。 
2015年9月8日  "Interdisciplinary Making: Handicrafts and Programming, LilyPad Study Group Activities!,"The 4th WCET(World Congress on Computing, Engineering and Technology) Keynote Speech(2015-09).【招待講演】Kuala Lumpur, Malaysia.  
2016年6月11日  人間文化学科の公開講座「わかる・たのしい・おもしろい! 心を育てる教育とは? —パズルや手芸を使って学ぶプログラミングと数学—」のコーディネータに加えて、「パズルや手芸を使った本学の情報教育」と題してスピーチ。本学の大講義室にて。 
2016年7月29,30日  京都にて開催され、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」にて、「コンピュータの原理に触れる」と題して、マイコン(LilyPad Arduino)を組み込んだ各種の作品を、「LilyPad研究会(京都ノートルダム女子大学)」のブースと、「BitsGirls」のブースで、学生と共に展示した。会場は、京都リサーチパークにて。 
2016年7月30日  「OSCアワード受賞記念プレゼンテーション」を、実行委員長を務めた「オープンソース・カンファレンス」の会場にて。会場は、京都リサーチパークのサイエンスホール。 
(5)その他

学部・学科選択