氏名

中藤 信哉

(NAKAFUJI Shinya)
 
所属 現代人間学部 心理学科 
心理学研究科 
職名 講師 
主要学歴
2007年3月京都大学教育学部教育科学科 卒業 
2009年3月京都大学大学院教育学研究科臨床教育学専攻修士課程 修了 
2013年3月京都大学大学院教育学研究科臨床教育学専攻博士後期課程 単位取得後退学 
2016年3月博士(教育学) 京都大学 
取得学位 修士(教育学)
博士(教育学) 
研究分野の概要 臨床心理学・青年心理学 
キーワード 心理療法, 心理的居場所 
主要職歴
2013年4月~2015年3月京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター 特定助教 
2016年4月~2021年3月京都大学学生総合支援センターカウンセリングルーム 特定助教 
2021年4月~現在に至る京都ノートルダム女子大学現代人間学部心理学科 講師 
学内活動 心理臨床センター副センター長
キャンパス・ハラスメント防止・対策委員会
心理臨床センター専属相談員 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:心理カウンセリング概論、心理学基礎演習Ⅱ、心理テスト演習、心理学演習、心理カウンセリングフィールド研修、心理実習、卒業研究、卒業論文
大学院:家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践、心理実践実習(学内)Ⅰ、心理実践実習(学外)ⅠA、心理実践実習Ⅲb(学内実習)、心理実践実習Ⅳb(学内実習)、心理実践実習Ⅶ(学外実習)、心理実践実習Ⅷ(学外実習)、臨床心理学専門演習Ⅰ、臨床心理学専門演習Ⅱ、臨床心理学専門演習Ⅲ、臨床心理学専門演習Ⅳ、臨床心理基礎実習Ⅰ、臨床心理基礎実習Ⅱ、特別研究 

以下の表は左右にスクロールできます

2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
1)  「発達障害」と心理臨床  共著  2009年3月  創元社  伊藤良子・角野善宏・大山泰宏(編)  p.210 
2)  心理療法における「私」との出会い  共著  2014年4月  創元社  皆藤章・松下姫歌(編)  pp.67-73 
3)  心理臨床と「居場所」  単著  2017年3月  創元社     
4)  心理療法家の人類学―こころの専門家はいかにしてつくられるのか  共訳  2018年6月  誠信書房  東畑開人(監訳)  pp.63-99, pp.100-122, pp.149-174 
(2)論文          
1)  生きる意味を問う状況に関する一考察―生きる意味の性質の観点から  単著  2008年2月  京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要, 11    100-106 
2)  青年期における居場所についての研究(査読付)  単著  2011年4月  京都大学大学院教育学研究科紀要, 57    153-165 
3)  「居場所のなさ」についての研究(査読付)  単著  2012年4月  京都大学大学院教育学研究科紀要, 58    209-220 
4)  心理臨床における「居場所」概念(査読付)  単著  2013年3月  京都大学大学院教育学研究科紀要, 59    361-373 
5)  集団における居心地の悪さ―青年期における居場所の視点から(査読付)  単著  2013年10月  心理臨床学研究, 31,(4)    618-628 
6)  居場所の多義性に関する一考察  単著  2014年3月  京都大学学生総合支援センター紀要, 43    51-55 
7)  東日本大震災をめぐる心理臨床的支援活動―こころの支援室の実践から―  共著:筆頭  2015年3月  京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要, 18  中藤信哉・加藤奈奈子・古川裕之・時岡良太・竹中悠香・田附紘平・千葉友里香  72-79 
8)  「広汎性発達障害」診断の有無が教員の事例の捉え方に与える影響  共著  2015年3月  京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要, 18  時岡良太・友尻奈緒美・菱田一仁・加藤のぞみ・岩城晶子・永山智之・中藤信哉・桑原知子  90-103 
7)  「居場所」概念と日本文化の関連について(査読付)  単著  2015年3月  京都大学大学院教育学研究科紀要, 61    1-10 
10)  大学生・大学院生の研究室適応に伴う心理的困難についての一考察―「居場所」の観点から―  単著  2019年8月  京都大学学生総合支援センター紀要, 48    33-43 
(3)その他          
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
2007年7月~現在に至る  日本心理臨床学会 
2011年8月~現在に至る  日本青年心理学会 
2013年9月~現在に至る  日本精神分析学会 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
(5)その他

学部・学科選択