氏名

後藤 伸彦

(GOTO Nobuhiko)
所属 現代人間学部 心理学科 
心理学研究科 
職名 特任講師 
主要学歴
平成15年8月-平成19年5月 Soka University of America(アメリカ創価大学), Liberal Arts(リベラルアーツ) 卒業 B.A. in Liberal Arts (学士(教養学)) 
平成20年4月-平成22年3月 名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻博士課程前期課程 心理学講座 修了 修士(心理学) 
平成22年4月-平成26年3月名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻博士課程後期課程 心理学講座 単位取得満期退学 
平成24年2月University of Queensland(クイーンズランド大学、オーストラリア) 博士研究生 
平成25年2月University of Queensland(クイーンズランド大学、オーストラリア) 博士研究生 
平成26年9月名古屋大学大学院環境学研究科 博士(心理学) 
取得学位 2007年 Soka University of America B.A. in Liberal Arts
2010年 名古屋大学 修士(心理)
2014年 名古屋大学 博士(心理) 
研究分野の概要 心理学、神経科学 
キーワード 社会心理, 自己, 集団, 注意, 生理心理 
主要職歴
平成22年9月-平成23年3月大同大学 非常勤講師 担当授業科目:認知科学 
平成23年4月-平成25年3月日本学術振興会特別研究員(DC2) 
平成23年9月-平成24年3月大同大学 非常勤講師 担当授業科目:認知科学 
平成24年4月-平成26年3月東海学園大学 非常勤講師(心理学基礎実験、心理学特殊実験) 
平成25年4月-平成25年12月ECC外語学院 非常勤講師(英会話および英文法) 
平成26年2月-平成30年3月Monash University Malaysia(モナシュ大学マレーシア) Research fellow(博士研究員) 
平成29年6月-平成30年3月Monash University Malaysia(モナシュ大学マレーシア)博士課程副指導教官 
平成30年4月-現在京都ノートルダム女子大学心理学部 講師 
資格  
学内活動  
教育・研究活動
1.担当科目学 部:「暮らしの統計学」「心理学実験演習I、II」「行動科学概論」「社会・集団・家族心理学I(社会・集団)」「対人関係論」「消費者行動の心理学」「現代社会調査演習I、II」
大学院:「社会心理学特論」「大学院専門演習」 

以下の表は左右にスクロールできます

2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
   該当なし
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
Encyclopedia of personality and individual differences  共著  平成29年2月  Springer International Publishing  編纂:V. Zeigler-Hill & T. K.Shackelford 著者:Goto,N. & Schaefer,A.(百科事典のため、ほかの項目の著者の抽出は困難)  論文 9ページ相当 
責任と法意識の人間科学(第1章 社会心理学における責任判断研究)  共著  平成30年1月  勁草書房  編著:唐沢 穣・松村良之・奥田太郎、著者:膳場百合子、塚本早織、後藤伸彦、木下麻奈子、藤本亮、長谷川真理、村上史朗、今井猛嘉  3-35 
責任と法意識の人間科学(第4章 対人間と集団の非難と赦し)  共著  平成30年1月  勁草書房  編著:唐沢 穣・松村良之・奥田太郎、著者:膳場百合子、塚本早織、後藤伸彦、木下麻奈子、藤本亮、長谷川真理、村上史朗、今井猛嘉  85-109 
(2)論文          
Identification with a wrongful subgroup and the feeling of collective guilt.  共著  2011年  Asian Journal of Social Psychology, 14. doi: 10.1111/j.1467-839X.2011.01348.x.  Goto, N. & Karasawa, M.  225-235 
Are Japanese willing to employ a Chinese candidate with high language proficiency? An experimental study of prejudice in hiring decisions.  共著  2012年  International Journal of Psychological Studies, 4. DOI: 10.5539/ijps.v4n3p83  Takaku, S., Takeda, K., Asai, N., & Goto. N.  83--93 
What makes a group worth dying for? Identity fusion fosters perception of familial ties, promoting self-sacrifice.  共著  2014年  Journal of Personality and Social Psychology, 106(6). doi:10.1037/a0036089  Swann, W. B. Jr., Buhrmester, M. D., Gomez, A., Jetten, J., Bastian, B., Vazquez, A., Ariyanto, A., Besta, T., Christ, O., Cui, L., Finchilescu, G., Gonzalez, R., Goto, N., Hornsey, M., Sharma, S., Susianto, H., Zhang, A.  912-926 
The sins of their fathers: When current generations are held to account for the transgressions of previous generations.  共著  2015年  Political Psychology, 36. doi: 10.1111/pops.12172  Goto, N., Jetten, J., Karasawa, M., & Hornsey, M. J.  476-487 
The feedback-related negativity and the P300 brain potential are sensitive to price expectation violations in a virtual shopping task.  共著  2016年  PLoS ONE 11(9): e0163150. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0163150  Schaefer, A., Buratto, L G., Goto, N. & Brotherhood, E. V.   
Neural signals of selective attention are modulated by subjective preferences and buying decisions in a virtual shopping task.  共著  2017年  Biological Psychology, 128. doi:10.1016/j.biopsycho.2017.06.004.  Goto, N., Mushtaq, F., Shee, D., Lim, X.L., Mortazavi, M., Watabe, M., & Schaefer, A.  11-20 
Psychological capital, transformational leadership and employee innovative behaviour: A preliminary study of Japanese IT and communications professionals.  共著  2017年  Proceeding of the Academy of International Business 2017 Annual Meeting, Dubai, United Arab Emirates.  Tong, J. L. T., Watabe, M., & Goto, N.   
(3)その他          
紛争と平和構築の社会心理学―集団間の葛藤とその解決(第3章 集団間紛争における感情と感情制御:評価基盤フレームワーク)  共訳  2012年  北大路書房  編訳:熊谷智博・大渕憲一、訳者:熊谷智博,大渕憲一,山口奈緒美,後藤伸彦,縄田健吾,岡田成能,脇本竜太郎,小山雅徳  87-109 
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
平成20年4月-現在  日本社会心理学会 会員 
平成24年4月-平成25年3月  社会心理学研究編集委員会 編集幹事 
平成27年6月-平成28年7月  第31回国際心理学会議組織委員会プログラム委員会委員 
平成29年4月-現在  Asian Journal of Social Psychology, Editorial board member, Consulting editor 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
(5)その他

学部・学科選択