氏名

安川 涼子

(YASUKAWA Ryoko)
 
所属 現代人間学部 生活環境学科 
人間文化研究科 生活福祉文化専攻 
職名 講師 
主要学歴
1999年3月近畿大学商経学部商学科卒業 
2001年3月京都工芸繊維大学工芸学部物質工学科卒業 
2003年3月京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科先端ファイブロ科学専攻博士前期課程修了 
2008年3月京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科材料科学専攻博士後期課程修了 
取得学位 博士(工学) 
研究分野の概要 「総合系」・「複合領域分野」・「生活科学」・「衣・住生活学」 
キーワード 生活科学, 繊維材料, 繊維染色加工, 被服整理, 色彩科学 
主要職歴
2008年4月〜2011年3月株式会社ウィズテック 
2011年4月〜2013年12月自然科学研究機構生理学研究所 リサーチフェロー 
2014年1月〜2016年12月奈良女子大学研究院生活環境科学系衣環境学専攻 助教 
2017年1月〜2017年3月奈良女子大学研究院生活環境科学系衣環境学専攻 特任助教 
2017年4月〜京都ノートルダム女子大学現代人間学部 講師 
2017年4月〜同志社女子大学生活科学部 非常勤講師 (生活科学実験) 
学内活動 キャンパスハラスメント委員(2017〜2018)
学生委員(2018〜) 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:衣生活材料学、衣生活管理学、繊維材料学、染色加工学、家庭科教育法Ⅰ、衣生活実験I・Ⅱ、生活環境基礎演習I・II・Ⅲ・Ⅳ(隔年)、福祉生活デザイン基礎演習I・II・III・IV(隔年)、ライフデザイン基礎論、現代社会と人間、生活環境概論、福祉生活デザイン概論、生活環境特論、福祉生活デザイン特論、卒業研究
大学院:衣環境学特論、プロジェクト課題研究、特別研究  

以下の表は左右にスクロールできます

2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
1)  授業におけるパワーポイントの使用  2014年4月〜現在   
2)  パワーポイントのハンドアウトを配布  2014年4月〜現在   
3)  テスト・レポートのフィードバック   2014年4月〜現在   
4)  授業支援システムmanabaの活用  2018年4月〜現在   
5)  授業におけるTeams、Zoomの使用  2020年4月~   
(2)作成した教科書、教材、参考書    
1) 福祉生活デザイン概論ワークブック  2017年4月  福祉生活デザイン概論を講義に合わせて衣生活分野の衣服材料についての内容を分担し、記した。A4版 全60頁 本人担当箇所:第I部 ワークシート・第II部 解説 I-B 生活デザイン 3.環境に配慮した衣服材料や衣生活の現状と課題 p.11-12 II-B 生活デザイン 3.環境に配慮した衣服材料や衣生活の現状と課題 p.41-42 
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
1)  企業における工学系開発業務     
3.研究活動
研究活動については、researchmapを参照してください。
URL: https://researchmap.jp/read0198538
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
2001年〜  繊維学会 
2014年〜  繊維学会 繊維加工研究委員会 関西地区委員会 会計 
2011年〜2017年3月  日本神経科学会 
2014年〜  日本家政学会 
2014年10月〜2016年10月  日本家政学会 関西支部 若手の会 幹事 
2014年〜  日本繊維製品消費科学会 
2015年〜  日本油化学会 
2020年4月~  日本繊維機械学会 学会誌 編集委員 
2020年9月~  繊維学会 関西支部 幹事 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
(5)その他

学部・学科選択