氏名

長田 洋和

(OSADA Hirokazu)
 
所属 現代人間学部 心理学科 
職名 教授 
主要学歴
1997年3月College of Liberal Arts, University of Minnesota 卒業 
2000年3月東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻精神保健学分野 修士課程 修了 
2003年3月東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻精神保健学分野 博士課程 単位取得済退学 
取得学位 博士(保健学)(東京大学)
修士(保健学)(東京大学)
B.S. (University of Minnesota) 
研究分野の概要 精神保健学
臨床心理学
臨床疫学
医療人類学
多文化精神医学 
キーワード メンタルヘルス・リテラシー,神経発達症,ユニバーサルな子育て支援法の開発,尺度開発、反社会的行動,国際比較,予防,パトグラフィー 
主要職歴
2003年4月~2005年3月専修大学法学部専任講師 
2005年4月~2010年3月専修大学法学部准(助)教授  
2010年4月~2011年3月専修大学人間科学部心理学科准教授 
2011年4月~2020年3月専修大学人間科学部心理学科教授 
2020年4月~2021年8月白百合女子大学人間総合学部発達心理学科教授 
2021年10月~現在京都ノートルダム女子大学現代人間学部心理学科教授 
資格・免許
2004年4月精神保健福祉士 
2006年4月臨床心理士 
2019年2月公認心理師 
学内活動  
教育・研究活動
1.担当科目 

以下の表は左右にスクロールできます

2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
1)  心理学教育に関する工夫  2003年4月~現在  心理学を教授するにあたって,心理学科の初年次教育はもちろん,心理学を専門としない他学部他学科の学生に対しても,心理学に興味を持って受講してもらうために,様々な工夫を行ってきた。特に生理・神経心理学では,ビジュアル教材を用いて,学生が理解ができるように努めている。 
2)  心理演習・実習へのシミュレーション教育の導入の試み  2004年4月~現在  従前来の臨床心理士養成教育に関しては,大学院での実習でのスーパーヴィジョンでは,自身の心理臨床のオリエンテーションのみならず,学外から様々な心理臨床家を招いて,大学院生への実習指導を行っている。2019年からは公認心理師の学部での演習・実習に際して,座学とロールプレイをハイブリッドし,知識を実際に応用するシミュレーション教育を目指している。 
3)  精神保健(精神科医療)に関する実際を理解するための施設利用  2010年4月~現在  健康・医療心理学に欠かせない,保健・医療における法律・制度・倫理,精神科(成人)などの理解を深めるため,東京都立松沢病院内にある「日本精神醫學資料館」に毎年、学生を引率し,実際に用いられていた閉鎖病棟や急性期の患者の病室などを見学し,実体験をもとに課題を出すことで,理解を深めさせるようにしている。 
4)  学習・教育用サポートツール(CoursePower, CourseN@vi, respon, CampuSsquare, manabafolio) を用いた双方向性の教育実践の達成  2012年4月〜現在  これまでの事前・事後学習はよくも悪くも学生の自主性にかかるところが大きかったが,学習・教育用サポートツールを用いることで,事前学習の資料提示と学習の有無が可視化され,事後学習も学生からの細かな質問にも応じることができるようになり一定の学習効果が上がった。また,respon, manabafolio などを用いることで,講義・演習時間内に学生が使い慣れているSNS様のコミュニケーションが取れることから学生のアクティブ・ラーニングの促進の一助ともなっている。 
5)  遠隔授業の展開  2020年4月〜現在  新型コロナウイルス感染症拡大下で,遠隔授業を余儀なくされるようになってから,Google Classroom, Meet, Zoom, Youtube などを用いて,オンデマンド 型やライブ型の講義・演習を行なっている。 
(2)作成した教科書、教材、参考書    
1) 心理学入門講座(四谷学院 通信講座)  2007年4月〜 現在  心理学の初学者に対して,わかりやすく,実際に心理検査などにも触れる機会を取り入れた講座の監修・執筆を行った。大学では心理学を学ばなかったが,臨床心理士を目指す人にも十分に対応できるカリキュラムであり,すでに多くの受講者からの高い評価を受けている。 
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
1)  Columbia Unviversity Medical Center および New York State Psychiatric Institute における講義  2009年9月〜2010年2月  客員准教授として,6回ではあるが,英語で講義を行なった。シリーズで,日本における精神保健政策と実践および精神医療の歴史と,欧米との比較についての内容であった。 
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
1)  『自閉症と発達障害研究の進歩(Advances in Research on Autism and Developmental Disorders) 2002 / Vol.6 特集 早期診断』第I部「特集:早 期診断 7. 月齢18カ月時点での自閉症スクリーニング尺度:6年間の追跡研究」  共訳  2002年6月  星和書店  高木隆郎,M.ラター,E. ショプラー編  pp. 67-86 
2)  『現代社会福祉辞典』  共著  2003年11月  有斐閣  秋元美世,大嶋巌,芝野松次郎,藤村政之,森本圭樹,山縣文治編  「注意欠陥/多動性障害」ほか13項目を執筆 
3)  『長期在院患者の社会参加 とアセスメントツール』第3章「社会参加のための能力評価 6 知能」  共著  2004年9月  中山書店  坂田三允 総編,萱間真美,櫻庭繁, 根本英行,松下正明,山根寛編  pp. 151-157 
4)  『児童心理学の進歩2009年 度版』第8章「発達障害」  共著  2009年6月  金子書房  平木典子,稲垣佳世子,斉藤こずえ,高橋惠子,氏家達夫,湯川良三編   pp. 187-212 
5)  『臨床心理士のための 子育て支援基礎講座』 第3部「発達障害の成り 立ちとその支援 3. 心理検査とチェックリス トによるアセスメントの実際」  共著  2010年6月  創元社  臨床心理士子育て支援合同委員会編   pp. 121-136 
6)  『子どもの臨床心理アセスメント~子ども・家族・学校支援のために』第II部「子どもと環境のアセスメント(乳幼児期)」第2章「発達障がいのアセスメント」  共著  2010年9月  金剛出版  松本真理子,金子一史編  pp. 50-59 
7)  『家庭で学校で使える 発達障害辞典』  共編著  2014年12月  合同出版  原仁,長田洋和,笹森洋樹,上野一彦,高橋あつ子編  「応用行動分析」ほか3項目を執筆 
8)  『自閉スペクトラム症 超早期介入法 アーリー・ スタート・デンバーモデル』 第7章「模倣と遊びの発達」  共訳  2018年8月  フロムアヴィレッジ  服巻智子監訳  pp. 158-180 
(2)論文          
1)  広汎性発達障害スクリー ニング尺度としての乳幼児期行動チェックリスト (IBC) に関する研究   共著  2000年2月  臨床精神医学, 29  長田洋和,中野知子、瀬戸屋雄太郎、長沼洋一、渡辺友香、立森久照、栗田広、成瀬浩  pp. 169-176 
2)  有意味後消失で示される 発達退行を呈する広汎性発達障害児の早期発達についての研究   共著  2000年4月  精神医学, 42  久保田友子,立森久照,長田洋和,渡辺友香,瀬戸屋雄太郎,長沼洋一,栗田広  pp. 413-418 
3)  東京自閉行動尺度 (Tokyo Autistic Behavior Scale; TABS) の広汎性発達障害の診断補助尺度としての有用性  共著  2000年5月  臨床精神医学, 29  立森久照,高橋美紀,長田洋和,渡辺友香,長沼洋一,瀬戸屋雄太郎,久保田友子,加藤星花,栗田広  pp. 529-536 
4)  広汎性発達障害の診断補助尺度としての小児行動質問票 (CBQ) の有用性に関する研究   共著  2000年5月  精神医学, 42  長田洋和,加藤星花,瀬戸屋雄太郎,長沼洋一,久保田友子,渡辺友香,立森久照,栗田広,太田昌孝  pp. 527-534 
5)  新版K式発達検査を用いた広汎性発達障害児の早期発達に関する研究  共著  2001年1月  臨床精神医学, 30  長田洋和,瀬戸屋雄太郎,福井里江,長沼洋一,立森久照,栗田広  pp. 51-57 
6)  広汎性発達障害の診断補助尺度としての小児行動質問表改訂版 (CBQ-R)   共著  2001年5月  臨床精神医学, 30  井筒節,長田洋和,立森久照,長沼洋一,加藤星花,堤敦朗,栗田広,太田昌孝  pp. 525-532 
7)  Mental health of Japanese nurse victims of sexual harassment  共著  2002年1月  Archives of Women's Mental Health, 4  Keiko Matsuoka, Hiroshi Kurita, Reiko Abe, Hirokazu Osada  pp. 1-4 
8)  東京小児発達スケジュール (TCDS) の広汎性発達障害の鑑別尺度としての有用性の 検討  共著  2002年2月  臨床精神医学, 31  長田洋和,浦田泰平,立森久照,長沼洋一,栗田広  pp. 191-197 
9)  Childhood Autism Rating Scale-Tokyo Version for Screening Pervasive Developmental Disorders  共著  2003年2月  Psychiatry and Clinical Neurosciences, 57  Hisateru Tachimori, Hirokazu Osada, Hiroshi Kurita  pp. 113-118 
10)  Validity of DQ as an estimate of IQ in children with autistic disorder  共著  2003年4月  Psychiatry and Clinical Neurosciences, 57  Hiroshi Kurita, Hirokazu Osada, Kaoru Shimizu, Hisateru Tachimori  pp. 231-233 
11)  広汎性発達障害 (PDD) 児および精神遅滞児における人物画描画能力の比較研究  共著  2003年4月  精神医学, 45  渡辺友香,長沼洋一,瀬戸屋雄太郎,長田洋和,立森久照,栗田広  pp. 391-399 
12)  WISC-Ⅲによる高機能広汎 性発達障害と注意欠陥/多動性障害の認知プロフィールの比較   共著  2003年8月  精神医学, 45  小山智典,立森久照,長田洋和,戸張美佳,石田博美,栗田広  pp. 809-815 
13)  広汎性発達障害児の発達評価における発達指数 (DQ) の臨床的意義  共著  2003年9月  臨床精神医学, 32  小山智典, 長田洋和, 立森久照, 戸張美佳, 志水かおる, 武田俊信,栗田広  pp. 1081-1087 
14)  自閉症スペクトル指数 日本版 (AQ-J) の信頼性と 妥当性  共著  2003年10月  臨床精神医学, 32  栗田広,長田洋和,小山智典,宮本有紀,金井智恵子,志水かおる  pp. 1235-1240 
15)  Comparison of high-functioning atypical autism and childhood autism by Childhood Autism Rating Scale-Tokyo Version  共著  2004年4月  Psychiatry and Clinical Neurosciences, 58  Chieko Kanai, Tomonori Koyama, Seika Kato, Yuki Miyamoto, Hirokazu Osada, Hiroshi Kurita  pp. 217-221 
16)  External validity of childhood disintegrative disorder in comparison with autistic disorder  共著  2004年6月  Journal of Autism and Developmental Disorders, 34  Hiroshi Kurita, Hirokazu Osada, Yuko Miyake  pp. 355-362 
17)  Validity of childhood disintegrative disorder apart from autistic disorder with speech loss  共著  2004年8月  European Child & Adolescent Psychiatry, 13  Hiroshi Kurita, Tomonori Koyama, Yutaro Setoya, Kaoru Shimizu, Hirokazu Osada  pp. 221-226 
18)  Bipolar Disorders in Mentally Retarded Persons with Pervasive Developmental Disorders  共著  2004年12月  Journal of Developmental and Physical Disabilities, 16  Hiroshi Kurita, Hirokazu Osada, Kaoru Shimizu, Hisateru Tachimori  pp. 377-389 
19)  乳幼児期自閉症チェックリスト日本語版 (CHAT-J) の有用性に関する予備的検討   共著  2005年3月  臨床精神医学, 34  小山智典,船曳幸紀,長田洋和,武田俊信,志水かおる,栗田広  pp. 349-355 
20)  Comparison of childhood disintegrative disorder and disintegrative psychosis not diagnosed as childhood disintegrative disorder  共著  2005年4月  Psychiatry and Clinical Neurosciences, 59  Hiroshi Kurita, Tomonori Koyama, Hirokazu Osada  pp. 200-205 
21)  自閉症スペクトラム障害児 の評価基準  単著  2005年4月  臨床心理学, 5    pp. 559-565 
22)  ネット中毒をめぐって~IAT日本語版について  共著  2005年7月  アディクションと家族, 22  長田洋和,上野里絵  pp. 141-147 
23)  Autism-Spectrum Quotient-Japanese version and its short forms for screening normally intelligent persons with pervasive developmental disorders  共著  2005年8月  Psychiatry and Clinical Neurosciences, 59  Hiroshi Kurita, Tomonori Koyama, Hirokazu Osada  pp. 490-496 
24)  Cognitive and symptom profiles in high-functioning pervasive developmental disorder not otherwise specified and attention-deficit/hyperactivity disorder  共著  2006年4月  Journal of Autism and Developmental Disorders, 36  Tomonori Koyama, Hisateru Tachimori, Hirokazu Osada, Hiroshi Kurita  pp. 373-380 
25)  Cognitive and symptom profiles in Asperger's syndrome and high-functioning autism  共著  2007年2月  Psychiatry and Clinical Neurosciences, 61  Tomonori Koyama, Hisaeru Tachimori, Hirokazu Osada, Toshinobu Takeda, Hiroshi Kurita  pp. 99-104 
26)  ネット依存症とは  単著  2007年3月  健康教室, 58    pp. 78-81 
27)  アスペルガー障害と高機 能自閉症における認知・症状プロフィール   共著  2008年6月  精神神経学雑誌, 110  小山智典,立森久照,長田洋和,武田俊信,栗田広  pp. 469-474 
28)  Utility of the Kyoto Scale of Psychological Development in cognitive assessment of children with pervasive developmental disorders  共著  2009年4月  Psychiatry and Clinical Neurosciences, 63  Tomonori Koyama, Hirokazu Osada, Hiromi Tsujii, Hiroshi Kurita  pp. 241-243 
29)  質的研究法 論文発表を 目指す研究の進め方  単著  2009年9月  発達障害研究, 31    pp. 316-322 
30)  高機能自閉症および定型 発達児の鑑別尺度としての遊びの質問票(Japanese version of Children’s Playfulness Scale: JCPS)の有用性に関する予備的研究  共著  2011年3月  専修人間科学論集,心理学篇, 1  長田洋和,正治幸恵  pp. 47-51 
31)  A review study of juvenile antisocial behaviors related to intellectual and developmental disabilities (including forensic and/or criminal issues)   共著  2011年3月  専修大学人文科学年報, 41  Hirokazu Osada, Yoko Okamura, Tsutomu Muramatsu  pp. 61-71 
32)  チェックリストの紹介⑤ 発達障がいのスクリーニン グ  単著  2012年6月  子育て支援と心理臨床, 5    pp. 121-125 
33)  Longitudinal developmental courses in Japanese children with autism spectrum disorder  共著  2012年12月  Child Psychiatry & Human Development, 43  Hirokazu Osada, Hisateru Tachimori, Tomonori Koyama, Hiroshi Kurita  pp, 895-908 
34)  Internet addiction in Japanese college students: Is Japanese version of Internet Addiction Test (JIAT) useful as a screening tool?  単著  2013年3月  専修人間科学論集,心理学 篇, 3    pp. 71-80 
35)  Depression risks in mothers of children with developmental disabilities: a cross-cultural comparison of Brazil, Colombia, Malaysia and Thailand  共著  2013年6月  International Journal of Social Psychiatry, 59  Hirokazu Osada, Annibal Coelho de Amorim, Andrea Velosa, Wong Poh Wan, Panpimol Lotrakul, Hitoshi Hara  pp. 398-400 
36)  就学前児のレジリエンス が問題行動に及ぼす影響  共著  2015年3月  専修人間科学論集,心理学篇, 5  古内さや子,長田洋和  pp. 23-29 
37)  Saving Inventory - Revised 日本語版のためこみ症スクリーニング尺度としての有用性の検討  共著  2017年3月  専修人間科学論集,心理学篇, 7  平賀正樹,長田洋和  pp. 25-34 
38)  The factor structure and construct validity of the parent-reported Inventory of Callous-Unemotional Traits among school-aged children and adolescents  共著  2019年8月  Plos One, 14  Satomi Yoshida, Masaki Adachi, Michio Takahashi, Nobuya Takayanagi, Sayura Yasuda, Hirokazu Osada, Kazuhiko Nakamura  e0221046 
39)  Safety, feasibility, fidelity, and perceived benefits of an interventionfor parents with mood disorders and their children - “Let’s Talk About Children” in Japan   共著  2019年10月  Journal of Family Psychotherapy, 30  Rie Ueno, Hirokazu Osada, Tytti Solantaus, Akiko Murakoshi, Takeshi Inoue   pp. 272-291 
40)  Translation and validation of the Family-Focused Mental Health Practice Questionnaire- Japanese version   共著  2020年5月  International Journal of Mental Health Promotion, 22  Rie Ueno, Darryl Maybery, Andrea Reupert, Hirokazu Osada  pp. 59-69 
41)  知的能力障害(知的発達 症/知的発達障害)   共著  2020年6月  精神科臨床評価マニュアル [2020年度版] 臨床精神 医学, 48  長田洋和,栗田広  pp. 1456-1465 
(3)その他          
1)  広汎性発達障害の診断補 助尺度としての小児行動質問表 (CBQ) の有用性に関する研究  単独  1999年12月  第9回日本乳幼児医学・心理学会大会 東京大学,東京    口頭発表 
2)  広汎性発達障害スクリー ニング尺度としての乳幼児期行動チェックリスト (IBC) に関する研究  単独  1999年12月  第9回日本乳幼児医学・心理学会大会 東京大学,東京    口頭発表 
3)  新版K式発達検査を用い た広汎性発達障害児の早期発達に関する研究  単独  2000年12月  第10回日本乳幼児医学・心理学会大会 筑波大学, つくば市    口頭発表 
4)  東京小児発達スケジュー ル (TCDS) の広汎性発達障害 の鑑別尺度としての有用性の検討  単独  2001年10月  第11回日本乳幼児医学・心理学会大会 白百合女子大学,東京    口頭発表 
5)  広汎性発達障害の早期ス クリーニング尺度としての乳幼児期行動チェックリスト改訂版 (IBC-R) の有用性の検討  単独  2003年10月  第13回日本乳幼児医学・心理学会大会 山口県立大学,山口市    口頭発表 
6)  アセスメントに基づいた ASD児への認知訓練および折衷療法の取り組み  単独  2006年2月  関東こども精神保健学会第3回学術集会 関東中央病院,東京    口頭発表 
7)  A qualitative analysis of narratives of Japanese mothers parenting children with developmental disabilities  共同  2009年6月  The International Association for the Scientific Study of Intellectual and Developmental Disabilities 2nd Asia-Pacific Regional Congress Singapore, Singapore  Hitoshi Hara, Hirokazu Osada, Chiyoko Numata  Symposium 
8)  Utility of the Japanese version of Internet Addiction Test  単独  2009年9月  2009 World Congress of the World Federation for Mental Health Athens, Greece    Poster Presentation 
8)  一般演題2『子どもの発達と 支援』  単独  2010年12月  第20回日本乳幼児医学・心理学会大会 名古屋大学,名古屋市    座長 
10)  ニューヨークにおける自閉 症スペクトラム障害への早期介入の実際とわが国への応用の可能性  単独  2011年11月  第21回日本乳幼児医学・ 心理学会大会 専修大学, 東京    大会長講演 
11)  少年非行と発達障害  共同  2012年9月  日本心理学会第76回大会 専修大学,川崎市  長田洋和,藤川洋子,小栗正幸,桝屋二郎,村松励  シンポジウム 
12)  Human Rights Law for Persons with Disabilities in Asia and the Pacific: The Need for a Disability Rights Tribunal  単独  2013年8月  The International Association for the Scientific Study of Intellectual and Developmental Disabilities 3rd Asia-Pacific Regional Congress 早稲田大学,東京    Chair@Keynote Speech (by Professor Michael L. Perlin, New York Law School) 
13)  Development of the Infantile Interview Guide for Early Detection of Neurodevelopmental Disorders  単独  2015年8月  The 12th International Family Nursing Conference Odense, Denmark    Poster Presentation 
14)  Usability of the Japanese version of the Inventory of callous-unemotional traits as a screening tool for children with neurodevelopmental disorder  共同  2016年8月  Fifth International Conference on Families and Children with Parental Mental Health Challenges Basel, Switzerland  Hirokazu Osada, Rie Ueno, Yukie Shoji, Shuji Yamamoto  Poster Presentation 
15)  National survey of Japanese elementary and junior high school students with callous-unemotional traits  単独  2017年8月  20th Euro Congress on Psychiatrists and Psychologists Rome, Italy    Plenary Speech 
16)  Mental health literacy of neurodevelopmental disorders in Japanese general populations  単独  2017年8月  20th Euro Congress on Psychiatrists and Psychologists Rome, Italy    Keynote Speech 
17)  Cross Cultural Comparison of Callous-Unemotional Traits - Japan vs other countries  単独  2018年10月  The 5th World Congress of Cultural Psychiatry New York, NY    Oral Presentation 
18)  Safety, feasibility, fidelity, and perceived benefits of an intervention for parents with mood disorders and their children ― “Let’s Talk About Children” in Japan  共同  2019年5月  “It Takes a Village…” An international conference: Families experiencing substance use, mental or physical health problems. Oslo, Norway  Rie Ueno, Hirokazu Osada  Poster Presentation 
19)  Apapting and implementing family focused practice for parents with mental illness and their children: international perspectives  共同  2019年5月  “It Takes a Village…” An international conference: Families experiencing substance use, mental or physical health problems. Oslo, Norway  Tytti Solantaus, Melinda Goodyear, Joanne Nicholson, Rie Ueno, Hirokazu Osada, Rebecca Allchin  Symposium 
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1999年4月~現在  日本乳幼児医学心理学会 会員 
2002年~現在  日本精神衛生学会 会員 
2003年4月~現在  日本心理臨床学会 会員 
2003年4月~現在  日本発達障害学会 会員 
2005年4月~現在  日本乳幼児医学心理学会 評議員 
2008年4月~現在  日本発達障害学会 評議員 
2010年4月~現在  日本心理学会 会員 
2011年11月19日  第21回日本乳幼児医学・心理学会大会長 於 専修大学 
2012年4月~現在  日本乳幼児医学・心理学会 編集委員 
2012年4月~2013年8月  3rd International Association for the Scientific Society of Intellectual and Developmental Disabilities (IASSIDD) Asia-Pacific Regional Conference 実行委員  於 早稲田大学 
2015年4月~現在  日本児童青年精神医学会 会員 
(2)公的機関の役職等
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
(5)その他

学部・学科選択