氏名

東道 伸ニ郎

(TODO Shinjiro)
所属 現代人間学部 こども教育学科 
職名 特任教授 
主要学歴
京都府立医科大学卒業 
京都府立医科大学大学院修了(医学博士) 
取得学位 博士(医学) 
研究分野の概要 神経芽細胞腫の生物学的特性の解明、小児血液学、小児白血病の特性と病態の解明及び治療、血球貪食症候群及び類縁疾患、造血幹細胞移植等。 
キーワード  
主要職歴
1984年4月京都府立医科大学小児科助手 
1985年9月京都府立医科大学小児科学内講師 
1989年10月京都府立医科大学小児科客員講師、血液外来担当(現在に至る) 
1989年10月東道医院開設 
学内活動  
教育・研究活動
1.担当科目学 部:知的障害者の心理・生理・病理、聴覚障害者の心理・生理・病理、肢体不自由者の心理・生理・病理、病弱者の心理・生理・病理、こども教育基礎演習、こども教育フィールド研修
 

以下の表は左右にスクロールできます

2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
   該当なし
(2)作成した教科書、教材、参考書    
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
(2)論文          
1)  Cyclic AMP phosphodiesterase in neuroblastoma  共著  1981  Pediatric Oncology (ICS No. 570)  Todo S, Imashuku S, Kusunoki T  81-4 
2)  Distinct isozyme patterns of cyclic nucleotide phosphodiesterase in human neuroblastoma and ganglioneuroma; A possible marker of differentiation of neural crestderived tumors and Schwann cells  共著  1986  Japanese Journal of Cancer Research (Gann) 77  Nagai T, Todo S, Imashuku S  52-8 
3)  Etoposide and cytosine arabinoside combination chemotherapy for refractory acute lymphocytic leukemia in childhood  共著  1986  Journal of Clinical Oncology 4(7)  Esumi N, Todo S, Arakawa S, Imashuku S  1089-93 
4)  Thymic localization of Gallium-67 in pediatric patients with lymphoid and nonlymphoid tumors  共著  1987  Journal of Nuclear Medicine 28  Hibi S, Todo S, Imashuku S  293-7 
5)  Hyperferritinemia in malignant histiocytosis and virus-associated hemophagocytic syndrome  共著  1987  New England Journal of Medicine 316  Esumi N, Ikushima S, Todo S, Imashuku S  346-7 
6)  Induction of S100 protein by 5-bromo-2'-deoxyuridine in human neuroblastoma cell lines  共著  1988  Cancer Research 48  Tsunamoto K, Todo S, Imashuku S, kato, K  170-4 
7)  Allogeneic bone marrow transplantation for familial erythrophagocytic lymphohistiocytosis, with high dose VP16-containing onditioning regimen  共著  1990  Leukemia & Lymphoma 1  Todo S, Fujiwara F, Ikushima S, Yoshihara T, Kataoka Y, Sakurai-Shimada Y, Sakata K, Kasubuchi Y, Morioka Y, Imashuku S  361-4 
8)  Severe rhabdomyolisis associated with tacrolimus  共著  1995  Lancet 346(8976)  Hibi S, Misawa A, Tamai M, Tsunamoto K, Todo S, Sawada T, Imashuku S  702 
9)  Detection of clonotypic IGH and TCR rearrangements in the neonatal blood spots of infants and children with B-cell precursor acute lymphoblastic leukemia  共著  2000  Blood 96  Yagi T, Hibi S, Tabata Y, Kuriyama K, Teramura T, Hashida T, Shimizu Y, Takimoto T, Todo S, Sawada T, Imashuku S  264-8 
10)  Association of transforming growth factor-beta1 gene polymorphism in the development of Epstein-Barr virus-related hematologic diseases  共著  2007  Haematologica 92(11)  Hatta K, Morimoto A, Ishii E, Kimura H, Ueda I, Hibi S, Todo S, Sugimoto T, Imashuku S  1470-4 
(3)その他          
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
(2)公的機関の役職等
2007年4月〜2009年3月  社団法人左京医師会会長 
〜現在に至る  京都市学校医会理事 
〜現在に至る  京都市学校保健会理事 
〜現在に至る  京都小児科医会理事 
(3)非営利組織等における活動
〜現在に至る  日本ランゲルハンス組織球症研究グループ(JAPAN LCH STUDY GROUP: JLSG)理事 
(4)講演講師等
(5)その他

学部・学科選択