氏名

田中 裕喜

(TANAKA Hiroki)
所属 現代人間学部 こども教育学科 
職名 教授 
主要学歴
1996年3月京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程修了(修士) 
1999年3月京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得退学 
取得学位 修士(人間・環境学) 
研究分野の概要 教育学・教育人間学
わたしたちは、今、どのような社会に生きているのだろうか。この社会において、「大人になる」「大人である」とはどういうことを意味しうるのだろうか。そして、わたしたちは、「大人になる」「大人である」ために、どのような学びや体験を必要としているのだろうか。このような人間形成と社会形成をめぐる根本的な問題を、人文社会諸科学の学問的見識と教育現場・保育現場の実践的見識とを擦り合わせながら考えていくことに取り組んでいます。 
キーワード 教育関係、他者性、協同的な学び、学びの共同体、持続可能性の教育、教師と保育者の専門性、授業と保育の事例研究 
主要職歴
1999年4月〜2000年3月京都大学総合人間学部研修員 
2000年4月〜2004年3月大谷大学短期大学部専任講師(文学部専任講師を兼任) 
2004年4月〜2007年3月滋賀大学教育学部講師 
2007年4月〜2017年3月滋賀大学教育学部准教授 
2017年4月〜現在に至る京都ノートルダム女子大学現代人間学部教授 
学内活動 こども教育学科主任 
教育・研究活動
1.担当科目学 部:教育原理、教育課程論、教育と社会、保育者論、保育課程論、保育内容(人間関係)、こども教育基礎演習、こども教育フィールド研修、こども教育演習、教育実践演習(幼・小)、卒業論文、初等教育実習、教育実習事前事後指導
 

以下の表は左右にスクロールできます

2.教育活動
教育実践上の主な業績 年 月 日 概 要
(1)教育内容・方法の工夫(授業評価を含む)    
教育内容の工夫    小学校の授業研究会、幼稚園・保育所・認定こども園の保育研究会に参加して、教師や保育者たちと教育・保育実践をともに見取り合うなかで培ってきた実践的見識を学問的見識と擦り合わせ、講義内容に反映させるように努めている。 
教育方法の工夫    授業や保育をビデオ記録したものを学生に視聴させ、気づきを交流させることを通して、教育・保育実践を省察する力を培養するように努めている。 
(2)作成した教科書、教材、参考書    
1) 京都ノートルダム女子大学現代人間学部こども教育学科編『こども教育ハンドブック』   2020年3月   
(3)教育方法、教育実践に関する発表、講演等    
(4)その他教育活動上特記すべき事項    
3.研究活動
著書、学術論文等の名称 単著・共著の別 発行又は発表の年月 発行所、発行雑誌
(及び巻・号数)等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
(1)著書          
1)  『現代教育学』  共著  1997年6月  三晃書房  上野恭裕・藤田博子  35〜46頁 
2)  『〈道徳〉は教えられるのか?』  共著  2003年5月  教育開発研究所  土戸敏彦  30〜36頁 
3)  『道徳教育の理論と実践』  共著  2018年5月  大学教育出版  石村秀登・末次弘幸  118~131頁 
4)  『幼稚園実習[新版]』  共著  2020年3月  北大路書房  民秋言・安藤和彦  75~80頁 
(2)論文          
コミュニケーションと真理 ―デューイの真理探究的コミュニケーション―  単著  1997年6月  『日本デューイ学会紀要』第38号    14〜19頁 
デューイ教育学のコミュニケーション論的解釈 ―木下竹次の〈相互学習〉―  単著  1998年6月  『日本デューイ学会紀要』第39号    8〜12頁 
G.H.ミードのコミュニケーション論の教育学的研究  単著  1998年6月  『関西教育学会紀要』第22号    1〜5頁 
デューイ学習共同体論の意義再考(査読付)  単著  1998年11月  『人間・環境学』第7巻    71〜80頁 
相互成長の共同体の構築にデューイ思想の示唆するもの  単著  1999年6月  『日本デューイ学会紀要』第40号    188〜189頁 
デューイの学校環境論についての一考察  単著  1999年6月  『関西教育学会紀要』第23号    31〜35頁 
コミュニケーションと超越論的他者(査読付)  単著  1999年11月  『教育哲学研究』第80号    35〜47頁 
自己と他者  単著  2000年12月  『大谷大学短期大学部幼児教育科紀要』第2号    18〜25頁 
子どもとうそ  単著  2001年12月  『大谷大学短期大学部幼児教育科紀要』第3号    19〜24頁 
10  《大人》になること/《大人》であることの可能性 ―超越論的な〈大人〉の失効を越えて―(査読付)  単著  2005年11月  『教育哲学研究』第92号    59〜76頁 
11  教師の専門性と教師教育の課題  単著  2006年3月  『滋賀大学教育学部紀要』第55号 I教育科学    113〜121頁 
12  遊びの哲学 ―なにゆえに遊びは教育方法たりうるか―  単著  2007年3月  『滋賀大学教育学部紀要』第56号 I教育科学    93〜98頁 
13  〈子ども〉であることの可能性 ―教育と哲学との邂逅―  単著  2007年3月  『滋賀大学教育学部教育実践総合センター紀要』第15号    111〜116頁 
14  リバタリアニズム教育改革の超克 ―学校選択制の錯誤―  単著  2009年3月  『滋賀大学教育学部紀要』第58号 I教育科学    139〜144頁 
15  「わくわく」の創造 ―滋賀大学教育学部附属幼稚園の実践―  単著  2014年3月  『滋賀大学教育学部紀要』第63号 教育科学    1〜6頁 
16  「学びの共同体」の社会哲学的含意 ―なぜ「学びの共同体」では質の高い学びが可能になるのか―  単著  2015年3月  『滋賀大学教育学部紀要』第64号    1〜11頁 
17  グローバル資本主義・政治・教育  単著  2016年3月  『滋賀大学教育学部紀要』第65号    185〜192頁 
18  「表現者として育ち合う幼稚園」の創造  単著  2017年3月  『滋賀大学教育学部附属幼稚園研究紀要』第45号    111〜114頁 
19  「主体的・対話的で深い学び」とは何か  単著  2018年3月  『京都ノートルダム女子大学研究紀要』第48号    25〜32頁 
(3)その他          
書評 森田裕之著『贈与‐生成変化の人間変容論 ドゥルーズ=ガタリと教育学の超克』  単著  2016年6月  『教育学研究』第83巻第2号    231〜233頁 
4.学会等および社会における主な活動
(1)学会活動
1995年〜現在に至る  日本デューイ学会 会員 
1996年〜現在に至る  教育哲学会 会員 
1997年〜現在に至る  日本教育学会 会員 
(2)公的機関の役職等
2013年9月〜現在に至る  近江八幡市子ども・子育て会議 委員 
2016年4月〜2018年3月  近江八幡市生きる力育み委員会 委員(学力向上アドバイザー) 
2020年10月~現在に至る  大津市教育・保育施設等における重大事故の再発防止のための検証委員会 委員 
(3)非営利組織等における活動
(4)講演講師等
2016年11月  滋賀県教育委員会学びに向かう力育み事業・学びの基礎体験型学習プロジェクト公開授業・保育研究会 講師 
2016年11月  滋賀大学教育学部附属幼稚園公開研究会 指導助言者 
2017年6月  近江八幡市授業研究会 講師 
2017年6月  滋賀県教育委員会学びに向かう力推進事業公開保育研究会 講師 
2017年7月  大津市保育研究会 講師 
2017年7月  彦根市立保育所研究会 講師 
2017年8月  竜王町立小学校研究会 講師 
2017年9月  大津市保育研究会 講師 
2017年10月  近江八幡市授業研究会 講師 
2017年11月  滋賀県教育委員会学びに向かう力推進事業公開授業・保育研究会 講師 
2017年11月  滋賀大学教育学部附属幼稚園公開研究会 指導助言者 
2018年6月  大津市保育研究会 講師 
2018年8月  滋賀大学教員免許状更新講習 講師 
2018年8月  滋賀県教育委員会幼稚園教育課程および教育課題研究協議会 講師 
2018年10月  大津市保育研究会 講師 
2018年11月  滋賀大学教育学部附属幼稚園公開研究会 指導助言者 
2019年7月  大津市保育研究会 講師 
2019年11月  大津市保育研究会 講師 
2019年12月  滋賀県国公立幼稚園・こども園園長会研修会 講師 
2020年7月  大津市保育研究会 講師 
2020年10月  大津市保育研究会 講師 
(5)その他

学部・学科選択